徳重ながさわクリニック:乳腺外来・乳がん検診・経鼻内視鏡

052-875-0550:徳重ながさわクリニック:乳腺外来・乳がん検診・経鼻内視鏡

  • 診療案内
  • 専門外来
  • 院長紹介
  • 院内の様子
  • 医院紹介

HOME > 診療案内 > 超高濃度ビタミンC点滴療法

超高濃度ビタミンC点滴療法

超高濃度ビタミンC点滴療法

お詫び

超高濃度ビタミンC点滴療法・ガンのセカンドオピニオンに関するお問い合わせ・ご相談が殺到しているため、下記の通り、変更いたします。

  • ビタミンC治療の相談・セカンドオピニオンは、完全予約制とします。
  • また、治療相談は診療時間外にお受けいたします。
  • 初診相談料を 5,400円(30分まで・税込)頂戴致します。
    ※ 30分以上1時間未満の場合、10,800円(税込)となります。

以上、ご希望の患者さまにはご不便をおかけいたしますが、
ご理解賜りますよう、よろしくお願いいたします。

高濃度ビタミンC療法に関しては、その効果について2005年に学会発表されたばかりで症例が少ないこともあり、正直なところ、賛否両論あります。
ただ、勤務医時代、がん治療に携わってきた経験から、ガン末期患者さんや治療法がないと宣告された方に関して、少しでもできることはしたい、という思いから、徳重ながさわクリニックでは、この治療法を取り入れています。

超高濃度ビタミンC点滴療法がなぜ癌に効果があるのか?

ビタミンCには強力な抗酸化作用があり、老化防止や病気予防に重要な役割を果たしていることは早くから知られていました。

超高濃度ビタミンC点滴療法

超高濃度ビタミンC療法は、ノーベル賞を2度受賞した化学者であるライナス・ポーリング博士やエイブラム・ホッファー博士などによって2005年に発表されました。その論文は、「静脈内投与による高濃度ビタミンCは、ガン細胞に対して抗癌作用をもつ」という、ビタミンCの抗癌作用を科学的に実証したものです。

超高濃度ビタミンC点滴療法は現在、米国・国立ガン研究所(NCI)、米国・国立衛生研究所(NIH)において、ガン手術後の再発防止や、ガンの新たな補助療法として、研究が進んでいる最先端のガン治療法です。

▲ このページの上部へ

副作用がなく、抗がん治療との併用ができます

ビタミンCは正常な細胞を痛めない性質があるので副作用の心配はほとんどありません。

超高濃度ビタミンC点滴療法

右の図のように、超高濃度のビタミンCはガン細胞にとっては《抗ガン剤》で、正常細胞には《毒性がない》のです。

超高濃度ビタミンC療法は、通常の抗ガン剤とは大きく異なり、副作用がないことが最大の特徴です。そのため、化学療法など一般的に医療機関で施される抗ガン治療との併用が可能ですし、化学療法による副作用を抑える効果もあります。

超高濃度ビタミンC点滴療法は、米国ではすでに乳癌、肺癌、前立腺癌、直腸癌、悪性リンパ腫、大腸癌、膵臓癌、膀胱癌、腎癌、子宮癌、卵巣癌などへの治療効果が報告されています。

▲ このページの上部へ

超高濃度ビタミンC点滴療法が適している方

がんの補助治療として…

  • 抗ガン剤や放射線治療が無効な方
  • 抗ガン剤や放射線治療と併用したい方
  • 抗ガン剤や放射線治療の副作用が強くて続けられない方
  • 有効な治療法がない方

※ 超高濃度ビタミンC療法は代替医療です。すでに有効なガン治療に代わるものではありません。有効な抗ガン剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します。

関節リウマチの治療として…

ビタミンCは、体内で活性酸素を除去し、強力な抗酸化作用を発揮します。
そのため、がん予防としての効果の他にも、関節リウマチの治療において週1〜2回の点滴を継続して行うことにより、比較的短期間で効果が現れやすい治療法でもあります。

アンチエイジング・がん予防・健康維持として…

  • ガン家系で自分も心配(ガン予防)
  • ニキビができやすく、肌荒れもする
  • 風邪を引きやすいなど、病気に感染しやすい(免疫力強化)
  • 美白・美肌・小じわの解消など、アンチエイジングを希望

高濃度ビタミンC点滴療法に適さない方

副作用のない療法ですが、全ての人に有効というわけではありません。

G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝性酵素異常がある方はこの治療を受けることができません。もしこのような病気がある場合は必ず医師にお申し出ください。

透析中の腎不全の方はこの治療を受けることはできません。
心不全、大量の腹水、強い浮腫(むくみ)のある方は、点滴で水分を血管内に入れることで病状が悪化する恐れがあるために、この治療ができない場合があります。

▲ このページの上部へ

超高濃度ビタミンC点滴療法の治療法

超高濃度ビタミンC点滴療法

ガンの病状により異なりますが、一例を挙げると、一回の点滴量を250〜500mlとし、ビタミンCを30〜60gの超高濃度使用し、その他各種ビタミン、ミネラル類、アルファ・リポ酸などを調合した超高濃度ビタミンC点滴液を作り、これを約1〜2時間かけて点滴します。

点滴回数と頻度は、週に2〜3回の点滴を行い、1クール(3ヶ月間)でその効果を確認し、さらに調整していきます。

手術後の再発予防では、同様の超高濃度ビタミンC点滴を、週に1〜2回の点滴となります。1クールが3ヶ月です。

▲ このページの上部へ

超高濃度ビタミンC点滴療法の料金

美容、がん予防、関節リウマチ治療、アンチエイジング目的の場合

2週間に1回ビタミンCを25g点滴します。

内容 料金(税込)
初回相談料 5,400円
G6PD欠損症の検査(採血、初回のみ) 16,200円
ビタミンC 5g点滴 5,400円
ビタミンC 15g点滴(初回、30〜40分) 10,500円
ビタミンC 25g点滴(約60〜70分) 16,200円
ビタミンC 血中濃度測定(希望にて) 5,400円

がん治療の場合

最初の6ヶ月は週2〜4回、次の6ヶ月は週1回、2年目から月2回点滴します。

内容 料金(税込)
初回相談料 5,400円
G6PD欠損症の検査(採血、初回のみ) 16,200円
ビタミンC 血中濃度測定(2〜3回試行) 5,400円
ビタミンC 15g点滴(初回、30〜40分) 10,800円
ビタミンC 25g点滴(約60〜70分) 16,200円
ビタミンC 50g点滴(約100〜120分) 27,000円
ビタミンC 75g点滴(約150〜160分) 37,800円
ビタミンC 100g点滴(約160分〜180分) 48,600円

▲ このページの上部へ




内科・小児科・乳腺外科・肛門外科・皮膚科(アレルギー外来)
乳腺外来(乳がん検診)・禁煙外来・痔外来

徳重ながさわクリニック
電話番号:052-875-0550
〒458-0815
愛知県名古屋市緑区徳重二丁目1621

内科・小児科・乳腺科(乳腺外来/乳がん検診)
肛門科・皮膚科(アレルギー外来)の徳重ながさわクリニック
には
名古屋市緑区、徳重、平手、熊の前、常安、神の倉、鳴海
名古屋市天白区、南区、豊明市、三好町
などの方がご来院いただいております。