徳重ながさわクリニック:乳腺外来・乳がん検診・経鼻内視鏡

052-875-0550:徳重ながさわクリニック:乳腺外来・乳がん検診・経鼻内視鏡

  • 診療案内
  • 専門外来
  • 院長紹介
  • 院内の様子
  • 医院紹介

HOME > 専門外来 > 内視鏡・ピロリ菌外来

専門外来

経鼻内視鏡(胃カメラ)検査 受診方法

経鼻内視鏡(胃カメラ)検査・セカンドオピニオンは、事前診察が必要です。
診療時間内に、診察・事前準備のご説明をさせていただいてから、ご予約をお取りいたします。

経鼻内視鏡 予約

経鼻内視鏡検査は完全予約制にて、下記時間に行っています。

  • 午前 8時30分〜

経鼻内視鏡検査は、052-875-0550

内視鏡・ピロリ菌外来

胃の内視鏡検査は、口からだけでなく、鼻からも行えます。鼻から入れる内視鏡検査(胃カメラ)には、こんな特徴があります。

  • 管が細いから、苦痛が少ない
  • 鼻から管を通すから、吐き気が起こりにくい
  • のどを通らないから、検査中に会話もできる

鼻からの内視鏡検査をする機械は、先端部約5mmという細さです。手で持ってみても、その細さに驚きます。

こんなに細い内視鏡ですが、機能や画質はしっかりしています。胃液の吸引や組織採取を行うための「鉗子口」も備えていますし、超小型CCDというカメラを搭載しているので、通常の内視鏡と同等の高画質で内部を観察することができます。

苦しくない胃カメラではありますが、より楽に検査を受けていただくため、徳重ながさわクリニックでは、鎮静剤を用いて、苦痛なく検査を行います。

検査時間は7分〜10分、寝ている間に検査が完了いたします。

 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因、ピロリ菌

ピロリ菌

胃潰瘍、十二指腸潰瘍は何度も再発してしまう病気なので、胃酸を抑えるお薬を長い間のみ続けなければいけません。しかし、ピロリ菌が原因の潰瘍の場合、除菌すれば再発の可能性が、かなり少なくなります。

日本人のピロリ菌感染率は非常に高く、40代以上の方は70%〜80%が感染していると推定されています。

長年胃潰瘍に悩んでいる方や、胃の調子が悪い方は一度ご相談ください。

ピロリ菌の除去方法

2種類の抗生物質と胃酸を抑えるお薬、合計3種類のお薬を、朝と夕方の1日2回、1週間続けて飲むだけで、80%〜90%の方はピロリ菌を除去できます。

胃カメラ(経鼻内視鏡)のお役立ちリンク

苦痛が少ない。鼻からの胃の検査

苦痛が少ない。鼻からの胃の検査

徳重ながさわクリニックでは、鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)による検査を行っています。
経鼻内視鏡検査は「つらくない」という声が多く、経験者の9割以上が「次回も鼻から」を希望しています。胃カメラが苦手な方、胃の調子が気になる方はぜひご覧ください。

内視鏡で見つける!おなかの健康ドットコム

内視鏡で見つける!おなかの健康ドットコム

鼻から入れる胃カメラ(経鼻内視鏡)に限らず、内視鏡で検査できる内臓の病気などについて、詳しく書かれています。

▲ このページの上部へ




内科・小児科・乳腺外科・肛門外科・皮膚科(アレルギー外来)
乳腺外来(乳がん検診)・禁煙外来・痔外来

徳重ながさわクリニック
電話番号:052-875-0550
〒458-0815
愛知県名古屋市緑区徳重二丁目1621

内科・小児科・乳腺科(乳腺外来/乳がん検診)
肛門科・皮膚科(アレルギー外来)の徳重ながさわクリニック
には
名古屋市緑区、徳重、平手、熊の前、常安、神の倉、鳴海
名古屋市天白区、南区、豊明市、三好町
などの方がご来院いただいております。